火星大接近ってどれぐらい近くに来るの?普段の7倍の大きさで見えます。

 

  1. 2018年どれぐらい火星が大接近するのか
  2. 2018年どれぐらい火星が大きく見えるのか
  3. 次の火星最接近時はいつ
  4. 2018年の火星大接近ってどのくらいの期間大きく見えるの?

 

1.2018年どれぐらい火星が大接近するのか

火星大接近 2018

2018年7月31日に最接近する火星ですが、今回の最接近は規模が違います。

この次に最接近するのは17年後です。

 

それも今回は約2カ月間、接近中も火星を観測できます。

 

これぐらい近くにきます。

離れているときはこんなにも離れています。

火星大接近 2018

 

2018年の火星大接近では5800万kmまで接近します。

火星大接近 2018

2016年にも接近していますが、7500万キロまでです。

図で見ると5800万キロも7500万キロも変わらないようなきがしますが、

地球の直径が約1.2万キロですから、

地球1416個分もさらに近くに来ます!!!!!!!

 

動画こちらです。非常に分からいやすいです。

 

 

 

 

2.2018年どれぐらい火星が大きく見えるのか

火星大接近 2018

2018年の 火星大接近大接近って言ってもどこまで大きく見えるのか。

 

ここまで地球には接近しませんが。

 

実はけっこう大きく見えます。

 

 

火星は最遠時は3.5”で

今回2018年の大接近時は24.3”です。

見かけの大きさは最遠時より7倍大きく見えます。

 

表で見ると分かりやすいですね。流石国立天文台です。

火星大接近 2018
©https://www.nao.ac.jp

 

 

2016年にも接近しましたが、2016年の火星接近時よりだいぶ大っきくみえますね。

火星大接近 2018
©http://www.kenko-tokina.co.jp

 

 

 

 

3.次の火星最接近時はいつ

 

17年後、

 

今が2018年なので。。。。。。え。。。。。

 

2035年ですね。

 

だいぶ先です。

 

 

4.2018年の火星大接近ってどのくらいの期間大きく見えるの?

火星大接近 2018
©www.bintel.com.au

2018年の7月31日に最接近するんですが。

 

実は前後1か月は20”ぐらいに大きさで観測できるので

 

普段の火星よりかなり大きく観測できます。

 

なので7月31日の1日の為だけに天体望遠鏡は買うのはなーーーっていう心配はいりません。

 

2カ月間毎日毎日毎日、大きな火星を観測できます。